2007年11月30日

PCI?PCI-X?PCI-Express??

タワー型サーバではそれほど問題にならないかもしれませんが、スリムな1Uサーバでは、

どのボードが使えるのか?というのは結構問題になったりします。
でも、このあたりを分かりやすく解説しているサイトはあまりありませんね・・・


http://q.hatena.ne.jp/1130205361

「PCI, PCI-X, PCI-E のボードがささるのか、ささらないのか、いまいちスペック表をみてもわかりません。電気的な話ではなくて、ボードの大きさの話で、Low profileとか、Full Height とか、Half Length とか、4コネクタとか、16コネクタとか、定義がわからなくてこんがらがります。わかりやすい説明or 説明Webページを紹介していただけませんか?」

この“質問”に共感しました。

ちなみに、音声ボード関係でいうと、下記にも面白い情報があります。

Interoperability of Dialogic hardware, on Different PCI Form Factors


posted by SDozono at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

MySQLバルクインサート

//UTF-8のファイルをEUC-JPに変換しながらINSERT INTO してゆく例。
 
 $fp = fopen("ファイル名.sql","r"); //sql file
 $con = mysql_connect("localhost", "ユーザ名", "パスワード"); //host, username, passowrd
 mysql_select_db("テーブル名"); //database name
 if (!$con){
  die("couldn't connect".mysql_error());
 }
 mysql_query("SET NAMES UJIS");
 while ( !feof($fp) ) {
  $one = fgets($fp, 9182);
  if(strpos($one, "insert  into") !== false){
   $query = mb_convert_encoding($one,"EUC-JP","UTF-8");
   mysql_query($query);
  }
 }
 echo "ok.";
 fclose($fp);
posted by SDozono at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MYSQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

http://speedtest.10-fast-fingers.com/

今日は、都庁近くで打ち合わせがあり、帰りに秋葉原で英語版Windowsを探しまわっていました。
う〜ん、手に入れるのは結構むずかしいんですね。

こちらのエントリを見て、思わず試してしまいました。


プログラマは英語に強いのか?英語のタイピング速度チェッカーゲーム
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-344.html


記念に。

typing

posted by SDozono at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

IPフォンを使わずにAsteriskを使う

昔から、エイジフォンの「Webサイドバー」はすごいなぁと思っていました。

WEB ページに電話がかかってくる新しいWEB 技術を開発
http://www.ageet.com/agephone/webobject.htm

要は、電話システム自体をWebページに貼り付けてしまった、という考え方ですよね。
これを使えば、IPフォンを使わなくても、Webページだけで、電話システムができます。

で、そろそろオープンソースとか、別な会社も似た技術を出しているのではないか、とちょっと調べたところ、こんなところを見つけました。

http://www.vaxvoip.com/samples.asp
ここの、"Web page"のところのデモがなかなか面白いです。
AsteriskでIP-PBXがある人なら、試してみると面白いですよ。
IEではうまくいきましたが、Firefoxでは動かないと思います。

こういう技術を使うと、ASPサービスでコールセンターが作れてしまうように思います。
「資金を提供するから、開発してほしい」というような方がいらっしゃるでしょうか。
(^_^)
posted by SDozono at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flashから音声を録音、サーバサイドに保存

備忘録。

IVRの管理画面をWebで作り、応答メッセージを下記の技術で録音。
Webだけで完結する、SkypeIVR なんて作れますね。
AsteriskNow は、電話入力で応答メッセージを録音させていますが、IP電話があるならそのほうが良い?かも。

http://q.hatena.ne.jp/1182697123
FlashMediaServerのクローンやオープンソースはありませんか?
やりたいことは、FlashでWebカメラやマイクを使って、サーバサイドに録画、録
音することです。

http://d.hatena.ne.jp/hiro_inoue/20060302/1141284607
Flashクライアント上で録音や記録・保存ができるようになると、Podcastingを
実現する技術的な閾値が一気に低くなり、より多くのユーザにサウンドやビデオ
によるPodacastingや、教育・指導などへの利用をしてもらうことが可能になろう。

http://looc.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=2016
Flash をブラウザで起動し、マイクにアクセス。
Red5 で録音。FLVファイルを生成。
ブラウザ上で録音した音声を再生し、
あとは、FLV -> WAVなどとできれば、
色々なアプリケーションができるというところまで完成。

posted by SDozono at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

SkypeとAsteriskの接続

CakePHPに関しては、世界に先駆けて書籍を出版できました。これはひとつの大きな一区切りになったように思います。ただ、実務のほうはといえば、最近はIPフォンとAsteriskとSkypeでいろいろと実験する毎日になっています。そのあたりについての情報も書きたくなってきたので、こちらのブログにまた戻ってきました。

おいおい、仕事の様子も書き込んでいきます。

Skystone はSkypeとPBXをつなぐソフトウェアベースのゲートウェイで、なかなかアイデアとしては面白いと思います。“Skypeを自動操作するロボットIP電話”といったところです。
今のところ、英語版WindowsでしかSkystoneは動きませんが、Voicestone社の方と協力して、日本語版を作ってゆくことになると思います。

あと、英語版Windowsも幾つかの方法で無料入手できることが分かりました。

1) Virtual PC上で、IE7検証用英語版を利用する

無料の Virtual PCをダウンロードしてきて、ここから Virtual PC版の英語Windows XP Pro のイメージをダウンロードします。ただし、期限が12月7日までだそうで、あともう少しです。

2) Windows Server 2003 R2 with SP2 のトライアル版

ここからダウンロードできますが、3ヶ月間、利用できるそうです。

Skystoneのトライアルは、日本語Windowsで試してみると今はたいへん悲しくなりますが、英語版Windowsだとうそのように調子よく動きました。AsteriskとSkypeがうまく連動しています。


[2007/11/24追記]
[Windows]→[スタート]→[コントロールパネル]→[地域と言語のオプション]→[標準と形式]→[使う言語]→[英語]にすると、日本語Windowsでも動くようです。

posted by SDozono at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。