2013年09月25日

コールセンター構築業者

 コールセンターの"構築業者"という言い方はあまり聞かない。うちの会社でも「コールセンターの業者さん」とまわりから言われることはあっても、私は構築業者です、とはなかなか言わない。コールセンターの構築にはさまざまな要素が関係しているからだ。わたしたちが関わっているハードウェアの部分と、実際のオペレータさんたちがどうやって業務をこなしていくか、という運用の部分とが組み合わさって、はじめて円滑なコールセンター業務がまわっていくからだ。


posted by SDozono at 15:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

コールセンター構築のプロという人種

私の周りにいるコールセンター構築のプロたち・・・・

・電話回線のことを話させると平気で3時間でもしゃべっているカタ*さん。電話マニア。各電話キャリア会社のエンジニアと会議で遭遇すると水を得た魚のように嬉々として会話しだす。その中でお客様のシステムについての秘策をひねり出して提案する。(どうやったら、そんな裏情報を取ってくるんだー!)

・徹夜続きでも文句をいわずにもくもくとサーバのインストールと設置に励むスギちゃん(ありがとうございます。)

・中国人より中国語がうまいトリの師匠。でも本当は物理学科の卒業。

・どんな時でも冷静さとあったかさを失わない歩くお客様相談室。感謝です。

・仕事がうまくいったらうまいすしをふるまってくれる上司たち

・みんなの見ていないところで黙々とPolycomを出荷し続ける配送センター担当。

・知らぬ間に成長しているエンジニアたち

みなさん、いつもお世話になっています。(ペコリ。見ていないだろうけど。
posted by SDozono at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT企業に最適な電話システム・ビジネスフォン

 どう考えてもこれからの時代、サーバに自分で入って、各種スクリプト言語でいろいろつなげる電話交換機(PBX)のほうが、IT企業にとってはメリットがありますよね。なにせ、/var/log/ 以下に電話のログがどんどんたまっていって、ポートにユーザ名とパスワードで接続すれば、現在の電話イベントがどんどん流れてくるようなことになっていれば、それを取って活用しましょうということに・・・・。コールセンターであれば、100人で話していれば、それがいっきに100の音声ファイルとして残りますから・・・・。電話が来た瞬間に、CID(Caller ID, 相手の電話番号)を見て、自動音声応答に飛ばしたっていいし、いきなりオペレータにつないでVIP待遇にしたっていいわけだし、いきなり外国にインターネット経由で転送してもいいわけだし、スマホでもOKだし。スマホの050番号になら無料転送もわけないし・・・・・・。オフィスでは格好いいPolycom電話機をデスクに置けば非常に様になります。

というわけで、大企業でも中小企業でも、ITに関係してサーバをいじるような会社であれば、そのノウハウは存分に電話システムにもいかせるんです。ハイ。

http://www.fonality.com/のシステムは、日本では2005年あたりから日本国内でのサポートがあって、日本語対応もほぼできています。
http://www.cba-japan.com
ではそういう話がてんこ盛りです。
posted by SDozono at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コールセンター・ビジネスフォンシステムの賢い購入方法

 ビジネスにメールが欠かせない時代になったといっても、まだまだビジネスフォン・電話システムは社内に必要です。というよりも、ますますその必要が高まっているといえるかもしれません。メールやWebだけでコミュニケーションを終わらせてしまう企業は、本当に顧客を満足させられるでしょうか?CBAという会社は最新の電話システムを販売・開発している会社ですが、インターネットを最大限に活用している企業ほど、同時に声でのやりとりを大切にしているところが多いと感じる現場に多く遭遇します。
 しかし、様々なマーケティング会社のシステム担当の方と話をしていますと、みなさん一様に、「PBXのシステム代が高い!これがなんとかならないかといつも考えている」と言われます。電話を専門に扱う会社では、オペレータさんの一通話は数十円の世界です。それがつもりつもってビジネスを行っておられるわけですが、何も考えないで運用していると、システムの購入・保守が億単位の金額になってしまったり、運用保守にコストがかかりすぎる、という状態になっている、という場合もあるようです。
 CBAにも見積もり依頼が日々届きます。その中では、結果として、賢く購入されたなぁ〜と感じる会社とそうでない会社があることに気がつきます。要望が多ければ、そういうテクニックについてもご紹介しようかな、と思います。

posted by SDozono at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。