2008年08月26日

年齢ソートを“年齢”ソートにしてはいけない例

クライアントから、「年齢別ソートがおかしい」といわれ、チェックしてみるも、不具合らしい不具合が見つからない。データの提示を受けて再度チェック。すると、並び順が違う、と言われたデータの誕生日から年齢を計算すると「その二人は年齢が同じ」になることが判明。

「そうか、誕生日は違うが、年齢は同じになってしまうんだ!!」気づき体験です。

お客様としては、「年齢が同じ」であっても、「誕生日順に」並んでいることを期待されるわけです。

DBデータから計算して、年齢のデータを内部で持っていたばっかりに生じた事件でした。

「年齢別ソート」を、「年齢」ではなく「誕生日で比較」にしたところ、問題解消。


posted by SDozono at 15:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。