2009年03月06日

【VBVoice】Dialogicボードと富士通PBX

VBVoiceは、Dialogicボードを使用したテレフォニー開発を“超簡単”にするミドルウェアです。VBVoiceのサポートとして現在、調査中なのは、「富士通PBXとVBVoiceアプリとのつなぎこみがうまくいかない」という件です。

通常のNTT回線とはまったく問題なく接続できるのは当然ですが、なぜか富士通PBX某型番と接続できません。会社のアナログPBX専門家といろいろ調査したところ、

・現在の VBVoice アプリの ringer tone は、
NTT回線の仕様、1000ms 鳴って、2000ms の休止というパターンであれば着信できるが、なり方がそれより短いので、うまく着信できていないという状態

でした。この問題は、Dialogicのpbxpertというツールを使い、設定ファイルを作ってやれば対応できるはずでした。

ところが、pbxpertで設定ファイルは生成できたのですが、やはりうまく着信しない。また、もうひとつの疑問点として、Dialogicの"voice demo"アプリなら着信するのに、なぜか VBVoiceの基本サンプル、"EZFlow"では着信しない…。

もう一点、現在のクライアントが次の現象を発見しました。

・EZFlow起動後の各回線のCallerID設定を確認すると、LineGroupで設定した回線全てがCallerID有効となっている。この状態では着信しないがEZFlow起動したままdx_setparm関数でCallerIDを無効にすると、EZFlowで着信する。この設定が原因で着信が検出できないのではないか。また、dx_setparm関数でCallerID設定を無効にしても、EZFlowで"wait for ring"状態になると再度CallerID有効となる。

この点に関して、カナダ、プロネクサス社のQinとSeanと連絡をずっと取っています。向こうの開発チームが、CallerIDを有効にしないdllを作ってくれることになりました。数日中には完成できる、とのこと。

でも、本当にその方法しかない?んでしょうか。CallerIDを無効にしたらしたで、今度は動作が制限されてしまいます。

日本中ではVBVoiceでかなりの数のアプリが動作しているはずなので、PBXとの接続ノウハウを持った技術者もいらっしゃるのではないか?そう思ってこのエントリを書きました。

このページのコメント欄でも電話連絡でもかまいませんので、何か情報をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

[追記]
続きはこちらで。
http://douzo.seesaa.net/article/115284527.html


ラベル:PBX Dialogic vbvoice
posted by SDozono at 11:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。