2009年03月18日

Asterisk/trixbox対応格安日本語SIP電話機

IP-PBXのAsteriskやtrixbox Proと接続できる、中国製の“日本語”SIP電話機です。希望小売価格は1万円程度で、そこからボリュームディスカウント可能です。この電話機の設定Web画面は、うちの会社の某O氏による翻訳です。Asteriskで使えるSIPフォンは、英語のものが圧倒的に多いので、会社への導入などがなかなか難しい、ということがありました。インターフェイスが日本語に変わるだけでもその敷居がぐっと下がるのではないでしょうか?

名前は、"Unicorn 4102 IP Phone"です。

弊社のネットワークショップに掲載されるかは、今のところまだよく分かりません。すぐにでも手に入れたい!、と関心のある方は、http://www.cba-japan.com までお問い合わせください。

white IP phone.JPG

(マニュアルより)
􀂾 SIP 2.0 (RFC 3261), TCP/UDP/IP, RTP/RTCP, HTTP, ICMP, ARP/RARP, DNS, DHCP, NTP, PPPoE, STUN, UPNP,TFTPなどをサポート。
􀂾 DSP技術による高品質な音。
􀂾 G.711 (PCM a-law and u-law), G.723.1(オプション), G.729A, G.726 (オプション) and Ilbc(オプション)といったさまざまなコーデック
􀂾 標準的な暗号化・認証をサポート (DIGEST using MD5, MD5-sess)
􀂾 レイヤー2 (802.1Q VLAN, 802.1p) とレイヤー3のQoS (ToS, DiffServ, MPLS)
􀂾 サイレンスサプレッション, VAD (音声アクティビティ検出), CNG (Comfort Noise Generation), ラインエコーキャンセル (G.168), and AGC (自動ゲインコントロール)
􀂾 Support automated provisioning for mass deployment ,RTP and TLS (pending)for security protection
􀂾 自動 NAT トラバーサル( without manual manipulation of firewall/NAT)
􀂾 ナンバーディスプレイ(数字)、保留、転送、3者通話、インバウンド・アウトバウンドDTMF、電話帳のダウンロード機能(XML, LDAP,100項目まで),コールウェイティング、コールログ、オフフックオートダイアル、音声応答、リングトーンのダウンロード, Sever Redundancy and Fail-over Support.
􀂾 syslog, ハンズフリーのスピーカーフォン(エコーキャンセル、リダイアル、ボリューム、ボイスメール、リングトーンのダウンロード可能
􀂾 電話のキーパッドやWeb画面による簡単設定。また、TFTPかHTTPによる自動設定で集中管理が可能。
􀂾 5つのナビゲーション/メニュー/ボリュームキー。保留、スピーカーフォン、送信/再送、ミュート、転送、会議、メッセージ(メッセージお知らせ表示)、ライン1、ライン2、DND,再生、電話帳、応答ボタンなどのファンクションキー。
􀂾 英語、中国語、日本語など、多言語サポート。
􀂾 80×39mm のブラックライト付きLCD。16文字X4行表示
􀂾 SIP回線は2回線登録可能。LED表示付き
􀂾 dual switched audio –sensing 10/100Mbps network ports with integrated POE(option)
􀂾 ヘッドセット用ジャック(オプション)


posted by SDozono at 15:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^

この電話機がIAX2をしゃべれば良いんですが、そこはサポートしてないみたいですね。

通販価格はいくらくらいになるのでしょうか。
大阪ではこの手の電話機は入手しにくいのですよ。
Posted by まいパパ at 2009年03月28日 10:43
コメントありがとうございます。IAX2はまだみたいですね…。今、現在のtrixbox ProはSIPのみ対応なので、こちらではとりあえずSIP対応のものを販売できるよう、探しているところです。1台だけ、という場合には、今のところ、それほどお安くはならない価格になってしまうのではないかと思いますが、ボリュームディスカウントができるようですので、大量受注できれば、かなり安価になる可能性がございます。いずれは、伝説のSnom105に負けない価格にしたいな、と思っております!

Posted by 管理人 at 2009年03月28日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。