2009年11月25日

最新電話交換機trixbox Proで役所の財政再建

最近、地方公共団体の電話交換機の候補としてtrixboxを考慮に入れるところが増えているようです。IP化をする際に、既存の電話機をどうするか、という問題があります。しかし、通話料や電話交換機の保守費用を考えると大幅な経費削減になるので、このあたり、どう計画を立てていくか、というのが面白いところです。

素のasteriskで運用することをお考えであれば、ぜひ一度、trixboxにした場合の見積もりをご覧になってはいかがでしょうか。素のアスタリスクよりも、技術に関する運用コストは大幅に下がります。


posted by SDozono at 09:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。