2009年12月25日

SugarCRMとLinux電話交換機trixbox Proとの統合-Linux-PBX/trixbox Proスクリーンキャスト

現在、trixbox Pro CCE版とCRMとの連携でいえば、

SugarCRM
Vtiger
Oracle On Demand
FastHELP
Aipo
その他、URLのパラメータの形で電話番号を受け取れるWEBアプリ全般

とうまく接続できています。

先日、東京で行われた、Fonalityの認定トレーニングの会場には、Linux FoundationのLarry Augustinが顔を出し、「SugarCRMとtrixbox の組み合わせが最高だ」と話をしてゆきました。

なぜなら、
He currently serves on the Boards of Directors of compiere, Fonality, Hyperic, Medsphere, Pentaho, SugarCRM, and XenSource.
となっていて、Larryはtrixbox Proを開発しているFonalityと、SugarCRMの両方にかかわっているからです。
http://www.linuxfoundation.org/about/board-members

「オープンソース業界で最も影響力があるビジネスマンは米SugarCRMのLarry Augustin氏」
http://sourceforge.jp/magazine/09/10/30/0321224

で、Fonality自身もSugarCRMとtrixbox Proを組み合わせて使用している、という貴重なスクリーンキャスト。




posted by SDozono at 11:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。