2006年05月16日

修正レイヤー層のあるプログラミング手法

ふと思ったのだが、「既存のプログラムを修正したい場合に、ひとつのレイヤーだけを修正すればよい」というプログラミング手法があるだろうか?

具体的には、CVS などと同じで、
1層目:既存のシステム
2層目:1層目の修正部分“だけ”のソースコード。

そうすれば、修正箇所を知りたいソースコード読者は、1層目を見る必要はなく、2層目だけを見れば今回の修正箇所がすべて見通せる。

1層目と2層目を比べたい場合には、Diff を使用した統合環境があり、これまでのプログラミングと同程度に変更点を比較・検討できる。

しばらくの運用ののち、問題点がないことを確認したのち、
[システムアップデート]をクリックすると、1層目に2層目の修正が取り込まれる。

そんなシステムがあったら便利なような気がしてきた。


posted by SDozono at 09:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。