2006年09月07日

“フレーム”を使ったPHPソースをiframeで一つにまとめる

PHP でプログラムを組めるというのは、"JavaScriptについても素養がある"というのと同じなのだなぁと思う今日この頃です。

しばらく、“フレームを使ってある”PHPソースを iframe を使ってまとめるという作業をしていました。

上下に分かれているフレームだったのですが、PHPで動的に作成しているために、下側の height は長くなったり短くなったりします。これを iframe に入れるとスクロールバーが縦に二つ表示されて具合が悪い。このあたりを解決したかったのですが、下記によい情報がありました。iframe の height を動的に変更する方法です。

http://archivist.incutio.com/viewlist/css-discuss/45869

例えば、iframe の名前が "mainContent"であれば、下記のような JavaScript を準備しておき、

// resizes Iframe according to content
function resizeMe(obj){
docHeight = mainContent.document.body.scrollHeight
obj.style.height = docHeight + 'px'
}

読み込む時に

<iframe onload="resizeMe(this)">

などで読み込むと、うまくいきます。ただこのままだと、中身がない場合には詰まってしまったため、

function resizeMe(obj){
docHeight = mainContent.document.body.scrollHeight
if(docHeight < 600) docHeight = 600;
obj.style.height = docHeight + 'px'
}

などと調整しておきました。見た目は一枚サイトに見えるんですが、それぞれが独立して飛びまくっています。何事もなせばなるんですね〜。






ラベル:PHP javascript iframe
posted by SDozono at 17:24| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。