2012年07月25日

本を書きたくなってきた・・・

この数年間は、コールセンター立ち上げ関連の作業に没頭する毎日でした。AsteriskのAGI、AMIとデータベース、ソケット通信、WEB技術とのからみなどについて、ようやく登る山は皆、登り切った感を感じるようになったので、ここら辺で何か文章にしてみたいなぁと思い始めています。

Asteriskをエンジンとして利用する製品が日本でもかなり増えてきました。大手通信会社でもAsteriskは無視できない存在になっています。大企業でのコールセンター活用も水面下でかなり進んでいます。が、Asterisk系のプログラミングをしているという技術者の話はとんと聞きませんので、なかなか貴重な情報になるんじゃないかと思います。

「Asteriskによる電話プログラミング」
「自社コールセンターを3日で構築 - Asterisk編」
「Asterisk - AGI/AMI入門」
「Voipプログラミング教則本」
「Asteriskではじめる電話技術のすべて」

とか、そんなタイトルのものを書きたくなってます。
関心のある編集者の方がいらっしゃるでしょうか・・・・。
Asterisk自体の書籍は数年前に盛り上がったので、プログラミング関連はどうかなぁと・・・。


posted by SDozono at 10:30| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初にお目にかかります。

Asterisk〜〜〜 という本はすでに沢山(でもないか)でているのでプロダクトに絞ったモノであれば確実に売れるとおもいますw

Trixboxの〜〜

なんて本があったら僕なら120%購入決定ですw
Posted by HjK at 2013年09月20日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。