2013年09月18日

IT企業に最適な電話システム・ビジネスフォン

 どう考えてもこれからの時代、サーバに自分で入って、各種スクリプト言語でいろいろつなげる電話交換機(PBX)のほうが、IT企業にとってはメリットがありますよね。なにせ、/var/log/ 以下に電話のログがどんどんたまっていって、ポートにユーザ名とパスワードで接続すれば、現在の電話イベントがどんどん流れてくるようなことになっていれば、それを取って活用しましょうということに・・・・。コールセンターであれば、100人で話していれば、それがいっきに100の音声ファイルとして残りますから・・・・。電話が来た瞬間に、CID(Caller ID, 相手の電話番号)を見て、自動音声応答に飛ばしたっていいし、いきなりオペレータにつないでVIP待遇にしたっていいわけだし、いきなり外国にインターネット経由で転送してもいいわけだし、スマホでもOKだし。スマホの050番号になら無料転送もわけないし・・・・・・。オフィスでは格好いいPolycom電話機をデスクに置けば非常に様になります。

というわけで、大企業でも中小企業でも、ITに関係してサーバをいじるような会社であれば、そのノウハウは存分に電話システムにもいかせるんです。ハイ。

http://www.fonality.com/のシステムは、日本では2005年あたりから日本国内でのサポートがあって、日本語対応もほぼできています。
http://www.cba-japan.com
ではそういう話がてんこ盛りです。


posted by SDozono at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。