2008年04月12日

PHPの中に眠る、日本の夏時間情報

タイムゾーンのことを調べていたら、こんなのを見つけてしまった。
情報として残っているんでしょうか。使うときには注意しないと…。

(PHP5.1以上)

$a = timezone_abbreviations_list();
foreach($a as $v){
if($v[0]['timezone_id'] == 'Asia/Tokyo') var_dump($v[0]);
}

array
'dst' => boolean true
'offset' => int 36000
'timezone_id' => string 'Asia/Tokyo' (length=10)

array
'dst' => boolean false
'offset' => int 32400
'timezone_id' => string 'Asia/Tokyo' (length=10)

Wikipedia 「夏時間」
日本でも、1948年4月28日に公布された夏時刻法に基づいて、同年5月から毎年(ただし、1949年のみ4月の)第1土曜日24時(=日曜日1時)から9月第2土曜日25時(=日曜日0時)までの夏時間を実施していた(詳しくは夏時刻法を参照)。しかし、4回の実施を経て5回目直前の1952年4月11日に夏時刻法は廃止され、以後、日本では法律に基づく全国一斉の本格的なサマータイムは実施されていない。


ラベル:PHP
posted by SDozono at 07:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。