2009年12月15日

Fonalityセールスエンジニアブログ

今をときめくFonalityエンジニアのブログ

Fonality Sales Engineer Blog
http://fonalityse.wordpress.com/

asteriskビジネスの最前線、面白いと思います。
(ちなみに東京Ftoccの講師でしたよ。)


posted by SDozono at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

CentOSのバージョンチェック

CentOSのバージョン:
cat /etc/redhat-release

ちなみに

ホスト名
# hostname

サーバの設定タイムゾーン
# cat /etc/sysconfig/clock

サーバの時刻
# clock
ラベル:CentOS
posted by SDozono at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

Monkey Majik

最近、いいなぁと思いました。

MONKEY MAJIK アイシテル


Monkey Majik - Together [PV]


Monkey Majik - ただ、ありがとう PV

posted by SDozono at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

オープンソース技術者は問屋になれ

ITProは、電話VoIP関連の情報も豊富ですし、面白い記事が掲載されるので興味深いです。

下記は非常に面白いと思います。

記者のつぶやき/ITPro
ムダと一緒に捨てたもの
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090528/330813/
「今日的な言葉でいえば、コンセプト立案、マーケティング、アートディレクション、デザインといった職務を問屋は担っていたことになる。大雑把に言えば企画力。これこそが問屋の、目には見えにくいけど相当に重要な機能だったようだ。」

オープンソース製品を扱う会社、というのはまさにこの部分で仕事をしている、といっていいのではないでしょうか。コンピュータとプログラミングの技術革新が進み、情報コストは限りなく0に近づいていますが、その膨大な“無料”プロジェクトの中から必要な技術を取捨選択し、“人”が使えるものまで仕立て上げる、という作業はだれかが担当しないとできません。

例えば、MOONGIFTさんは「毎日」、無料で使えるオープンソースを紹介されていますが、その仕事に終わりはありません。
http://www.moongift.jp/

しかし、その技術情報をそのまま自分のお客様に横流ししたところで、そのお客様が喜ばれるわけではありません。「だから、それをどうやって使えば問題が解決するのか」というところをだれかが作業しないといけません。

「その土を使えばいい器ができますから、ぜひやってみてください」ではなく、「〜さんの所で作っている器はいい土を使っていますので、あそこの焼き物と、うちにある輪島塗のいいやつを組み合わせて置くと、今度の展示会には映えるのではないでしょうか。」というところまで世話をするプランナーは、オープンソースの世界でもなくてはならない存在になってきています。
posted by SDozono at 09:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

trixbox CE(asteriskの1CDインストール)の簡単な導入方法

無料で使えるオープンソースのIP-PBX, trixbox CEのインストール方法についてです。こちらの二つの記事に非常に分かりやすくまとまっていますので、参考にできると思います。asteriskで簡単に内線を作れます。

(サポートがほしい、ビジネス用途で安定して使いたい、などの場合には、trixbox Pro http://trixbox.cba-japan.com をどうぞ。)

InstallationWiki.org
Installing trixbox CE 2.6
http://www.installationwiki.org/Installing_trixbox_CE_2.6
sc0000.png

trixbox without tears
http://dumbme.mbit.com.au/trixbox/
posted by SDozono at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不況でも業績を上げてゆく

非常に興味深いインタビューでした。

「地味で安いからこそ儲かる」。危機下で稼ぐ不動産会社
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090520/195290/

「再現性のあるビジネス」という考え方は非常にみならいたいと思います。作業数をこなすことから逃げてはいけないが、効率の追求は必要だと。
posted by SDozono at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

trixboxの書籍が出た!

2009年2月26日に出版されたようです。ただし、英語です…。

http://www.amazon.com/trixbox-CE-2-6-Kerry-Garrison/dp/1847192998#reader
trixbox.PNG
trixbox CE 2.6 (Paperback)
by Kerry Garrison (Author)

目次:
前書き

1章:オープンソースPBXシステムの紹介
PBXって何?
従来型のPBX
ハイブリッドPBX
オープンソースのテレフォニープロジェクト
オープンソースのジレンマ
一般電話回線網
Voice over IP/VOIPとは
Asterisk-PBXの頭脳
Asteriskへの誤解
設定ファイル-導入への障壁
Asteriskに関する詳細情報
Asteriskの歴史
まとめ

2章:トリックスボックス(trixbox)とは?
Asterisk@Homeからtrixboxへ-名称の変更
trixbox, trixbox CE, Pro, SE, EE, CCE?って何?
必要なスキル
trixboxのコンポーネント群
trixbox CEとはいったい何?
Asteriskとtrixboxの違い
trixboxの制限
trixbox CEのFonalityサポート
trixbox CEの機能
 ユーザファンクション
FOP(Flashによる操作パネル)
MeetMe
ARI
管理モード
システムステータス
  パッケージマネージャ
PBXメニュー
  システムメニュー
  設定メニュー
trixboxの歴史
trixbox CEの対象とするユーザ
trixbox CEの今後
必要となるハードウェア
電話とつなぐ
ハードフォン
ATA
ソフトフォン
アナログ電話回線との接続
 FXOかFXSポートか
FXO(Foregin Exchange Office)
FXS(Foreign Exchange Station)
アドインカード
SIPゲートウェイ
VOIPプロバイダ
情報源は
 どこで購入できるか
まとめ

3章:trixboxのインストール
ISOイメージのダウンロード
CDに焼く
インストールの準備
trixbox CEのインストール
基本システム設定
コマンドラインからtrixbox CEをアップデートする
便利機能を取得
trixbox CEのコマンドラインツール
Webインターフェイスを使用する
 ユーザモード
 Asterisk録音インターフェイス(ARI)
Web MeetMe(MeetMe)
Flash操作パネル(FOP)
管理モード
システムステータス
パッケージマネージャ
PBXメニュー
PBX設定
設定ファイルエディタ
PBXステータス
エンドポイントマネージャ
CDRレポート
システムメニュー
システム情報
 システム管理
 ネットワーク
設定メニュー
まとめ

4章:trixbox CEの設定
PBX設定ツール
PBX設定ツールモジュールのインストール
 内線のセットアップ
 ソフトフォンのセットアップ
 基本トラブルシューティング
trunk(トランク)
VoIPアカウントの設定
 トランクを作成する
  一般的な設定
  外線発信ダイアル規則
  外線設定
  登録文字列
 基本トラブルシューティング
アウトバウンド(外線)ルートの設定
ルートオプション
 パターンマッチング
  例
 リンググループの設定
  リンググループオプション
 IVRの設定
  録音メッセージ
  IVRメニューの設計
 着信ルートのセットアップ
 まとめ

5章:trixboxの配置計画
 設計プラン
  内線の計画
   ユーザは何人いるか?
  部門分けの際に考えるべきこと
  配置の際に考えるべきこと
  計画トレーニング
  リンググループ
  コールキュー
  エージェント
  接続
   PSTN一般電話回線
   VoIP
ITSPインターネットサービスプロバイダとの接続
   主回線は?
  DID番号(Direct Inward Dial)
電話
Counterpath X-Lite
Zoiper
IVRメニュー
FAXに必要な環境
ケーススタディ
American Widgets Consulting Services
   Acme Collections Company 
まとめ

第6章:ハードウェアの設定
 TDMカード
  Digiumカード
  Rhino Equipmentカード/ channel バンク
Rhino PCIカード
   Rhino チャンネルバンク
Sangomaカード
 TDMカードのマニュアル設定
  Zaptel.conf
アナログ回線設定
   デジタル回線設定
 エンドポイントの設定
Aastra電話機
    IDの設定
    サーバ情報
    Message Center
その他のデバイス
 まとめ

7章:ネットワークについて考えるべきこと
 同一、それとも別のネットワーク?
  同一ネットワーク
   Pros
Cons
セグメント化したネットワーク
Pros
Cons
ネットワークサービス
 リモートユーザ/VoIPサービス
  ポートフォワーディング
 QoS
まとめ

8章:trunkingの応用
 ENUM
二つのtrixbox CEシステムを同時に接続
 DUNDi
緊急電話対応
  サードパーティのサービス
 まとめ

9章:PBXの機能と特徴
 基本機能
  着信転送
  着信待機
  コアの機能
  アクティブな回線
  エージェントの機能
  ブラックリスト
  日中/夜間モード
取り込み中
  情報サービス
  インカム
  音声メール(Voicemail)
機能を新たに追加
 音声メール(ボイスメール)の機能
  ボイスメールのメインメニューオプション
   メッセージを効く
   フォルダの変更
   メールボックスのオプション
  ユーザ操作部
   ユーザのポータル
   MeetMe
FOP(Flash操作パネル)

10章:PBXの詳細設定
 基本設定
  内線
   内線の編集
   内線オプション
  DID/CIDの割り当て
   デバイスオプション
   読み上げサービス
   会話録音オプション
   音声メールとディレクトリ
   VmXロケータ
  Feature Codes
一般設定
   ダイアルオプション
   会話録音オプション
   音声メールオプション
   音声メールVmXロケータオプション
   会社ディレクトリオプション
   国際電話設定
   セキュリティ設定
   オンラインアップデート
  外線ルート
  トランク
  管理者設定
 着信回線コントロール
  着信ルート
   着信ルートの追加
   オプション
   プライバシー
   FAX対応
  CIDの検索元設定
   接続先の設定
  ZapチャンネルDID
  お知らせ
  ブラックリスト
  Caller IDの検索元
  昼間/夜間モードのコントロール
Follwo Me(追っかけ機能)
  IVR(自動応答装置)
   IVRオプション
   プッシュボタンオプション
  キューの優先順位
  キュー
   キューの設定
   キューのオプション
  お知らせアナウンス機能
   電話をしてきた人の位置情報のお知らせ
  リンググループ
  時間条件
   タイムスケジュールの作成
 内線オプションと設定
  コールバック
  会議
  DISA
  言語
  その他のアプリケーション
  保留音
暗証番号の設定
  ページングとインカム
  Parking Lot
システム録音
  音声メールの一斉送信
 まとめ

11章:メンテナンスとレポート機能
 システムアップデート
  つねに最新アップデートを当てるべきか
 システム状態のチェック
  サーバステータス
  ネットワーク使用状況
  メモリ使用状況
  マウントされたファイルシステム
  trixboxのステータス
 レポートツール
 まとめ

12章:トラブルシューティング
 Asteriskを知る
  Asteriskの停止、再起動、リロード
  チャンネル状況概要
  SIP内線とトランクのトラブルシューティング
  IAX2内線とトランクのトラブルシューティング
  zapチャンネルのトラブルシューティング
  VoIP問題のトラブルシューティング
  ハードウェアのトラブルシューティング
   BIOSのクリーンナップ
   コンフリクトのクリーンナップ
  Dahdiとは
  まとめ

13章:trixboxユーティリティ PBXメニュー
  Gizmo5モジュール
  設定ファイルエディタ
  PBXステータス
  エンドポイントマネージャ
  内線一括設定
  CDRレポート
 システムメニュー
  システム情報
  システム管理
  ネットワークモジュール
  DHCPモジュール
  バックアップモジュール
 設定メニュー
  リポジトリ
  一般設定
 コマンドラインツール
 まとめ

14章:効果的なコールフローの設計
 コールフローの機能のまとめ
 コールフローのフローチャートを作成する
 設計ガイドライン
 シナリオ設計
 まとめ

15章:trixboxサーバのセキュリティ
 ファイアーウォールの上手な使い方
 不必要なサービスを止める
 SSHでセキュアに
  リモートログインアカウントを作成する
  SSHのポートを変更する
 内線セキュリティ
 セキュリティの追加措置
  APF
APFの追加Tip
  BFD
まとめ

16章:HUD
デスクトップで集中管理・生産性を向上
 HUDの機能
 HUDユーザの管理
 パーミッションの管理
 まとめ

17章:trixbox Proの紹介
 trixbox Proか、trixbox CEか
 trixbox Proのエディション
 trixbox Pro スタンダードエディション(SE)
エンタープライズエディション
 コールセンターエディション
  機能一覧表
 trixbox Proの管理
  デバイスとユーザ
  電場番号
  グループとパーミッション
   trixbox Proのパーミッション
   グループパーミッション
  自動応答
  スケジューラ
 内線の管理
  グループとパーミッション
 A.C.D.(コールセンターエディション)
 追加の管理機能
 ユーザ機能
  音声メール
  Find-Me(自動おっかけ機能)
 まとめ

付録:VoIP用語集

 
   
posted by SDozono at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

VBVoiceで体験する電話プログラミング

技術評論者様のWebサイト、gihyo.jpで、弊社サポート製品VBVoiceを利用したCTIプログラミングの記事が掲載されました。

gihyo.jp
VBVoiceで体験する電話プログラミング
http://gihyo.jp/dev/column/01/prog/2009/051301

非常に簡単に電話アプリケーションを作成できます。

今回の記事では、すべて無料でソフトを使えますので、よろしければどうぞお試しください!
posted by SDozono at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

Openmeetingsのインストール・スクリーンキャスト

分かりやすい!


posted by SDozono at 16:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

月1500円以内でモバイル使い放題

これまで、イーモバイルのEmチャージなどはちらちらと見ていました。
今回、ウィルコムがやっているキャンペーンには思わず目を疑ってしまいました。

---------------------
https://store.willcom-inc.com/ec/faces/cmdprdw003950/
新規契約なら、新つなぎ放題が980円/月!
W-VALUE SELECTで新規にご契約いただくと、W-VALUE割引で月々のご利用料金から3,540円を割引。新つなぎ放題でご契約の場合、割引期間中、月々のお支払いは商品の分割払金と月額料金合計で、「980円/月」となります。在庫限りの「超」お得な限定商品です!
---------------------

私の通常の環境としては、
1)通常、8割がたは作業場にいるので、モバイルは必要なし
2)たまに外に出かけて作業する際、インターネットにつなげないのがつらく感じる
3)GmailとPuttyがつながり、ネット検索ができて、VNCがちょっと入れればそれで十分。
4)可能であれば、Skypeで連絡をとったり、trixbox ProにレジストしてあるSIPフォンで内線を取ったりまわしたり、HUDで内線状況を確認したい
というものです。

で、上記のかなりを解決できる、ということで早速、契約してみました。カードが送られて、さっそく設定。

ん?プロバイダの選択がある?
とここで少し戸惑いました。要はフレッツなどと同じで、「ウィルコムは回線を提供するだけ。プロバイダは別途契約してね」というプランなんですね。イーモバイルのページをしばらく眺めてからウィルコムのページを見ると、このあたりでひっかかります。ハイ。

でも、通常のインターネット回線ほどは高くなく、探してみると、月315円、というプランがありました。

IIJmioでは、様々なモバイル通信に対応したモバイルアクセスサービスをご用意しております。
https://www.iijmio.jp/guide/outline/md/?j=0m016a#ryoukin

これと組み合わせれば、980円+315円で定額つかい放題モバイル環境がそろうそうです。(最初の2ヶ月はウィルコムプロバイダのPRINが無料らしいので、まずはこちらで試してみます。)

回線のテストですが、
・Gmailはもちろん問題なく取れる。ネット回線については、通常のブロードバンドと比較すればかなりきつい。ただ、電話回線でインターネットをしていた経験がある人であれば、それよりは快適だと思います。何より、「まったくつながらない」のと、「遅くてもつながる」のとでは世界がまったく違います。
・UltraVNCでちょっとテストしてみたが、緊急作業はいつでもできる感じ。ローカルLAN内のようにはいきませんが。
・期待していなかったが、最新版のSkypeなら、音声通話は問題なかった。
・trixbox ProにZoiperというSIPフォンをつないでテスト。u-lawなどは音が通らない。コーデックをgsmにして、なんとか会話はできた。遅延したり、途切れたりする。これは、もうすこし研究して最適化できるかもしれない。
・trixbox Pro の HUDコントロールパネルはまったく問題なし。内線状況などはきちんと表示される。

という状態でした。
もう少し、色々テストしてみたいと思います。
posted by SDozono at 10:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

自動で電話をかける装置

コールセンターや、社員への確認作業など、「コンピュータが自動で電話をかける」という機能があったらいいなぁという場合があるかもしれません。
自動で電話をかける機能は、ダイアルするので、「ダイアラー・ダイヤラー」と呼ばれます。

「プレディクティブ」というのは、「相手につながった会話のみに反応する」という機能で、その後、実際のオペレータにつなげたり、自動でアナウンスをはじめたりすることが可能です。

完全自動の場合、「相手が実際に聞いたかどうかはどうやって確認するのか」というと、例えば、「メッセージをお聞きになったら、9のボタンを押してください」などというメッセージを最後に流します。9が押されたら、この電話はきちんとメッセージを伝えた、とみなされ、データベースに登録されます。

プレディクティブダイヤラー開発
「直観的なインターフェースとカスタマイズが容易なプログラミング仕様となっており、お客様のご要望に応じてた再カスタイマズにも柔軟に対応することができます。回線の種類はアナログ、デジタル(INS64,INS1500)に対応、また回線数も音声ボードの搭載上限枚数次第で、多数回線仕様の導入が可能です。」
http://vbvoice.cba-japan.com/2008/09/post_12.html
posted by SDozono at 10:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

うむむ。セキュリティ。

会社で頼まれて、某官公庁向けオープンソースをダウンロードしたところ、zipを展開して中身を見た瞬間に問題発見。

パスワードつつぬけじゃないですか。
どうするんですかこれ…。

会社を通して報告するか、打診中。


posted by SDozono at 15:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ちょっと休憩。

【最近の寝姿】
子どもは大の字、大人は小の字。

【最近、コミュニケーションがとれる】
今日、1歳5ヶ月のうちの子は風呂場でえんえん泣きました。
なんで泣いたか、妻に説明しないとな、と思っていたら、
自分で、おもちゃにしているシャンプーの入れ物をもちながら、
「おっくん、おっくん」と説明してました。

洗顔のときにシャンプーの入れ物をそのまま持たせていたら、上をむいた拍子に水を「ごっくん」と飲み込んでしまったのでした。


posted by SDozono at 21:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

ロサンゼルスのノートPCにインストール作業

ロサンゼルスにいる妹が、DVD/CD-ROMドライブなしのレッツノートを持っています。そこにCD-ROMからソフトをインストールしたい、ということになり、

A)CD-ROMドライブ付きのノートを準備
B)レッツノートも準備
・この2台は同一無線LAN。

としておいて、

A) には、 UltraVNC SC でログイン
  (妹のPCではないので、プライバシー上、再起動時には毎回、持ち主がパスワードを入力。)
B) には、 LogMeInを設定してあるので、それでログイン

両方に、「ホーム/小規模オフィスのネットワークをセットアップ」を実行。両方とも再起動。

簡単に Bから Aのドライブが見えるはずだったのが、うまく接続できない。AからBは見えているので、ファイアーウォールあたりだと見当を付ける。

Windowsのファイアーウォールと、McAfeeのファイアーウォールの両方が作動していたことを発見。McAfeeのファイアーウォールをとめると、うまくドライブが見えるようになりました。

そのままインストールを実行。
うまくいきました。
posted by SDozono at 15:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

Firefox 3 とJapanize

今回、Firefox 3のrc版を入れてみました。
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/rc/

Javascriptのスピードは、体感できるほど向上していると思います。
今のところ、trixboxの管理画面の翻訳に、サイボウズさんの Japanizeを使わせていただいているのですが、変換スピードもさらに快適になりました。

Japanize
http://japanize.31tools.com/

ただ、手放せないFirebugが使えなくなって、どうしようかと思いましたが、Firebugの本家に行ってbeta版を入れたところ、無事に使えるようになりました。気がつくのに数日。
posted by SDozono at 15:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

asteriskベースのコールセンターソリューション、trixbox Pro CCEを出展

昨日、今日と、弊社では「コンタクトセンター・マネージャーズ・ サミット 2008」に参加してAsteriskをベースにしたビジネス用途IP-PBX、trixbox Proを出展しています。

Asteriskの持つよさを生かしつつ、障害復旧、ローカルLAN外からの接続、HUDによるグラフィカルなGUIなどの特徴をご説明しています。

Fonality社からたくさん trixboxのTシャツをいただき、大型コールセンターソリューションの中で、快速・格安・手軽なコールセンターソリューションとして紹介させていただきました。

ちなみに、今回は株式会社ケアブレインズ(オープンソースCRM株式会社)さんと一緒に、「SugarCRM」との組み合わせで、コールセンターポップアップを実現する様子を展示しています。

sangomaの音声ボードの見本などもずらっと並べました。

http://www.atmarkccm.com/event/summit/index.html
“2006年、2007年と2回にわたり、コンタクトセンター・マネージャーの皆様を対象にしたカンファレンスとして開催して参りました「コールセンター・マネージャーズ・サミット」ですが、その発展形として、これまでのカンファレンスを含めて、専門展示会として生まれ変わります。”

ブースの見どころ
trixbox ProとSugarCRMとの連携デモ
trixbox ProのHUD(Head Up Display)デモ
trixbox Pro SMBシリーズ
VBVoice CTI開発ツールキット
Digiuim社 音声ボード
Sangoma社 音声ボード
http://www.atmarkccm.com/booth/index.cgi?idx=6

コールセンターソリューションを提供しているさまざまな方と情報交換ができました。やはり商用製品は「かゆいところに手が届く」ものが多くあります。話を聞いていると、皆さん、Asteriskとの連携のお話をユーザから尋ねられることがあるそうで、trixbox Proとも将来的に組めるのではないか、というお話を多々いただきました。オープンソースソリューションがどこまで機能を拡張してゆけるのか、夢は広がる展示会でした。

自分でベンチャーを起こすなら、迷わずtrixbox Proで内線を作るなぁ。
posted by SDozono at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

準備ゼロのプレゼンテーション

これは面白い!

http://mashstar.com/
posted by SDozono at 13:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

ロサンゼルス事情

義理の妹の結婚式のため、しばらくロサンゼルスに行ってきました。
旅のつれづれを、ITエンジニア的にまとめてみたいと思います。

DSL環境

本当は、結婚する二人の新居にはじめから泊めてもらう予定だったのですが、工事が終わっていなかった(結婚式の当日まで工事が入った)関係で、あちこちの家を転々とする生活になってしまいました。幸か不幸かあちこちのDSLを使うことになったのですが、私の家族が泊めていただいた友人たち(新婦側のお姉さん宅など)は、“普通の”一般家庭だったのですが、どこに行ってもインターネットに接続できました。どこでもそこそこのスピードが出ていたと思います。

住宅地は平屋の家がずらっと並び、さえぎるビルなどもないためか、無線スポットを検索するとずらっと出てきました。日本ではよくオープンになっているスポットをみかけますが、私のいた辺りではきちんと?WEPがかかっているところばかりでした。

泊めていただいた一軒の家では、通常のケーブル接続しかなかったため、私が持参したFoneraを接続して、数人で使えました。日本で1990円で購入したものですが、思いがけず役立ちました。

Carnivalクルーズ

1000人近くの乗客を乗せて、あちこちに航海するクルーズが安い時期だったため、結婚式前には4泊5日のメキシコ行きに乗ってきました。ブッフェ(バイキング)式のレストランがあって、ほとんどの時間に好きなものを食べれるのと、夜はメニューを選んで食事が出来る場所がありました。これはなかな
か豪華でした。“日本食”特集や、“メキシカン料理”特集など日替わりでメニューが変わります。また、ピザのコーナーではいつでも注文できました。

で、ネット環境ですが、衛星通信を使っているため、日本のADSL環境を考えるととても使えないと思うような値段でした。1時間24ドルはちょっともったいなくて(そしてうちの妻に「今は休暇中じゃないの?????」と怖い顔をされたので)スタートボタンをクリックできませんでした。
しかし、最終日に待ち合わせ場所を電話をする必要があったため、外線を部屋からかけました。これが、請求書を見てびっくり。なんとネットより値段が高かったのであります!こんなことなら、ネットを使ってSkype Outで電話したほうがよっぽどよかった、と後悔するような値段でした。船からの衛星電話はやたらと高いのだということを実感しました。

成田空港ではYahoo BBでアクセスしましたが、ロサンゼルス空港からは、ローミングでHotspotが利用できました。ロサンゼルス国際空港では、飛行機待ちの観光客がラップトップでノートPCを使っている姿をよく見かけたのですが、あれは“ノート”じゃなく、“辞典の”サイズだな、と思いました。モバイルなんて言葉はどこにあるのか、という感じでみなさん大型ノートPCを持ち歩いていました。世界は広いですね。

さすがに飛行機の中ではネットはつながりませんでした。

P1020406.JPG

P1020408.JPG

P1020403.JPG
posted by SDozono at 02:35| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

Webの技術を極めたあとは

今、社長と常務はマイアミの某社で協議中。いつもと違う時間にGoogle TalkやらSkypeやらで電話がかかってきます。

ビデオ会議もいろいろなクライアントをとっかえひっかえテスト中。

Webの技術を極めたら、次はVoIPに行くといいかも、と人にも勧めたいです。ネットワークが絡み合ってくるし、パケット解析も必要になるし、

・データベースの技術
・ウェブプログラミングの技術
・ネットワークの技術
・音声処理の技術
・Windowsプログラミングの技術

などの組み合わさった経験と知識を磨くことができると思います。
逆を言うと、対応が求められるようになる、ということですが…。
posted by SDozono at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

Asterisk 1.6 beta1 リリース

Asterisk 1.6のベータ1がリリースされていますね。
VoIP関連のオープンソースソフトウェアが大きく注目されはじめている今、大きな前進となるでしょうか!

Asterisk 1.4.17 Released
Submitted by asteriskteam on 2 January 2008 - 9:35pm.
http://www.asterisk.org/node/48442

Asterisk 1.6.0-beta1 released
Submitted by asteriskteam on 18 January 2008 - 11:48pm.
http://www.asterisk.org/node/48445
ラベル:Asterisk VoIP
posted by SDozono at 22:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。