2011年01月07日

OpenVPN tls-auth + Windows Clientの設定

tls-auth を設定した OpenVPN とWindows Client の組み合わせがうまくいかなかないために少し苦労したのですが、最初の.ovpnというテキストファイルを作成した時点で、

===============================
key-direction 1
tls-auth C:\\openvpn\\ta.key 1
===============================
などと“key-direction 1”を前に書いておけばよかったようです。

Authenticate/Decrypt packet error: packet HMAC authentication failed
TLS Error: incoming packet authentication failed from ***.***.***.***

などのエラーが消えて、すんなりつながるようになりました。

参考:
http://someh4x0r.wordpress.com/2010/08/19/windows-openvpn-client-and-tls-auth/
http://www.mail-archive.com/networkmanager-list@gnome.org/msg12349.html

.ovpnファイル(日本語):
http://griffonworks.net/freebsd/openvpn/client.ovpn


ラベル:OpenVPN VPN
posted by SDozono at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenVPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。