2009年08月27日

asterisk技術者必見!認定技術者トレーニングを東京で開催

Fonalityの技術者が来日し、trixbox Pro(asteriskをベースにした業務用途多機能IP-PBX)の認定技術者トレーニングが受けられます。

期間: 2009年10月20〜22日(火〜木曜日)
会場: 東京都内

9月末までは、一人あたり20万円の講習費用となっていますが、よく見ると、

参加者には、
・trixbox Pro コールセンター版ライセンス(約25万円相当)
・trixbox Proライセンスの割引購入(販売代理店資格)

が渡されることになっています。

ですので、コールセンター版ライセンスをひとつでも購入する予定がある方は、アメリカから来日する講師の話を聞き、プラス代理店資格やコールセンター(CCE)版ライセンスまでもらえてしまうので、かなりお得だと思います。

([追記]このコールセンター版ライセンスは、再販不可らしいです。
あくまで社内テスト用とお考えください。)

関心のある方は、下記からご確認ください。
http://www.cba-japan.com/certified_training/


posted by SDozono at 15:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

How to solve the hamachi installation, "/dev/net/tun: Permission denied" error on OpenVZ

You should read:

VPN via the TUN/TAP device
http://wiki.openvz.org/VPN_via_the_TUN/TAP_device

vzctl set 101 --devices c:10:200:rw --save
vzctl set 101 --capability net_admin:on --save
vzctl exec 101 mkdir -p /dev/net
vzctl exec 101 mknod /dev/net/tun c 10 200
vzctl exec 101 chmod 600 /dev/net/tun

posted by SDozono at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

MeucciSolutions

SIP attack.
cdr-csvには記録が残っていないのですが、
orkaudio debug
では、下記のようなデータがずらずらと出てきました。
ただ電話なんて、かけさせるものか!

01031208005032って、どこの番号???

[追記]
こちらにこの攻撃に関する参考になる情報がありました。

http://forums.whirlpool.net.au/forum-replies-archive.cfm/1194290.html
“Meucci Solutions is a fraud investigation company in Belgium. Meucci have seriously ticked someone off as they are now hacking boxes (or, so it would appear?) left, right and centre and making nuisance calls in Meucci's name.”

http://www.meucci-solutions.com/complaints.asp?id=1
To be able to trace the perpetrators and take action, we need your collaboration.

----------------------------------------------------
2009-07-21 08:53:13,601 INFO sip:2337 - INVITE: sender:216.75.32.*** from:MeucciSolutions@216.75.32.*** RTP:216.75.32.***,19742 to:901031208005032@219.121.16.*** rcvr:192.168.11.*** callid:08644b006282fbc112508ba81ce83a99@216.75.32.*** smac:00:1d:73:bb:75:f4 rmac:00:1d:09:05:70:80 fromname:MeucciSolutions toname: ua:MeucciSolutions
posted by SDozono at 18:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

trixbox CEデータシート

trixbox CE(コミュニティ版1CDのasteriskソリューション)のデータシートが下記にありました。

http://www.sureteq.com/solutions/trixbox_CE.pdf

posted by SDozono at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

電話とCRMの連携

いろいろ実験していますが、trixboxと社内開発のWebアプリを組み合わせて、下記のようなことができています。

・電話が着信したらお客様の情報を表示。過去の履歴を表示。
・着信時にお客様のホームページを表示
・お客様情報の電話番号に対して、幾つかの電話番号の中から選択した番号で電話をかける。(全国拠点をまとめたコールセンター用など)画面上のクリックだけで、選択・スタート。
・他のCRMを同時に開く処理
・メールやその他の処理によって電話をかけはじめるマルチ・キックスタート

posted by SDozono at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

asterisk(trixboxベース)が日本国内の企業に導入されている

trixboxの営業に回り、次々と日本の企業の中でasteriskベースのIP-PBX電話交換機が採用されてゆくのを見るのは非常に“エキサイティング”な経験です。

CakePHPの場合には、コミュニティサイトに人が集まってくることで、その管理人としてその広がりを実感しましたが、trixboxの場合には、企業に出向いて実際に導入までのプロセスをお手伝いすることで体感可能です。

SIP機材に強い営業担当者、日本の電話回線事情にめっぽう強い技術者、私のような開発系の人間、とそれぞれの人が協調しあってプロジェクトが流れてゆくので、チーム一体感があります。

これもまた良い経験です。
ラベル:Asterisk trixbox
posted by SDozono at 10:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

asteriskバージョン番号の秘密

asteriskのバージョン番号付けの方針が変更されているそうです。

About the new Asterisk versioning method
http://www.asterisk.org/node/48602

これまで、1.2から1.4,そして1.6とバージョンがかわるたびに大きな変更があったという認識がありましたが、今度から、

バグ修正は
1.6.0.0
1.6.0.1
1.6.0.2
と番号があがり、

1.6.0
から、
1.6.1
への変更は“大きな変更”と考えてよいということになるそうです。

================
Then some period in time, a new branch will be created from trunk such as 1.6.1 (note that the 3rd significant number has increased by one). Within this branch will be new features and changes — that different of the 1.6.0 branch.
================

asterisk使いは注意しましょう。
ラベル:Asterisk
posted by SDozono at 10:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

AipoデータをWindowsからLinuxへ移動

AipoのデータをWindowsからLinuxに移動しました。

http://aipostyle.com/
日本発オープンソースグループウェア 『Aipo(アイポ)4』
sc0000.png


グループウェアについてはいろいろ試してみましたが、結局、これがいちばん落ち着くソフトだったと思います。デザインが洗練されているのも良いと思います。

とりあえずはWindowsマシンに入れて少し運用してみて、うまくいったらLinux機に移行する、というような話も多いのではないでしょうか。
以下、技術メモ。

・サーバ機種の関係で、ubuntuにインストールすることになりました。installer.sh を少し書き換える必要があります。(rpmチェック部分)このあたりはいろいろな方が情報を公開されていますので、そちらを参考に。

・ubuntuデフォルトでは、bashではなく、dashを使っていることに注意。

・WindowsのAipoからLinux上のAipoには、通常、データの移行が簡単にはできません。情報がどこにもなかったのではまりましたが、結局、

-Windowsのインストーラーはパスワードとユーザ名が決めうち
-Linuxのインストーラーはそのたびにパスワードを自動生成

となっています。ですので、バックアップファイルをbackupフォルダに単に移しただけでは、パスワード違いではねられてしまいます。

これも、installer.sh で“明示的にWindows Aipoのパスワード”を使うようにい
れてやることで、うまくいきました。
/usr/local/aipo/bin/utf8/installer.sh
===========================================
###Windows に合わせる!!!
pass="ここにWindowsのパスワード"
######################################
#PostgreSQL用アカウント追加
######################################
===========================================

・パスワードはどこにあるか、というと、
/aipo/tomcat/webapps/aipo/WEB-INF/conf/postgres/Org001DomainNode.driver.xml
です。Windowsマシンのパスワードはここでチェック。

・Aipoの再インストール
何も考えずに、アンインストール→再インストールを繰り返すと、
aipo_postgres, aipo_postgres1, aipo_postgres2・・・とユーザが次々に作成
されてしまいます。再インストールする際には、
userdel -r aipo_postgres
として、ユーザを削除(/home/ディレクトリで確認)しましょう。

・Linux用Diceには、下記を利用しました。
http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html

これで、Windows時のデータを、ubuntu上のAipoに無事、移行完了できました。
posted by SDozono at 11:40| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

オープンソース技術者は問屋になれ

ITProは、電話VoIP関連の情報も豊富ですし、面白い記事が掲載されるので興味深いです。

下記は非常に面白いと思います。

記者のつぶやき/ITPro
ムダと一緒に捨てたもの
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090528/330813/
「今日的な言葉でいえば、コンセプト立案、マーケティング、アートディレクション、デザインといった職務を問屋は担っていたことになる。大雑把に言えば企画力。これこそが問屋の、目には見えにくいけど相当に重要な機能だったようだ。」

オープンソース製品を扱う会社、というのはまさにこの部分で仕事をしている、といっていいのではないでしょうか。コンピュータとプログラミングの技術革新が進み、情報コストは限りなく0に近づいていますが、その膨大な“無料”プロジェクトの中から必要な技術を取捨選択し、“人”が使えるものまで仕立て上げる、という作業はだれかが担当しないとできません。

例えば、MOONGIFTさんは「毎日」、無料で使えるオープンソースを紹介されていますが、その仕事に終わりはありません。
http://www.moongift.jp/

しかし、その技術情報をそのまま自分のお客様に横流ししたところで、そのお客様が喜ばれるわけではありません。「だから、それをどうやって使えば問題が解決するのか」というところをだれかが作業しないといけません。

「その土を使えばいい器ができますから、ぜひやってみてください」ではなく、「〜さんの所で作っている器はいい土を使っていますので、あそこの焼き物と、うちにある輪島塗のいいやつを組み合わせて置くと、今度の展示会には映えるのではないでしょうか。」というところまで世話をするプランナーは、オープンソースの世界でもなくてはならない存在になってきています。
posted by SDozono at 09:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

trixbox生みの親の新サイト

trixbox本、「trixbox CE 2.6」が今日、amazon.comから届きました。

今、調べてみると日本のアマゾンからも買えるようになっているみたいです。

この本の最初を見ると、Kerry Garrisonの新サイトは、
http://www.pbxtutorials.com/
だと書いてありました。
なにそれ、知らないぞ!!!

というわけで、trixbox Proに関するチュートリアルが英語でいろいろ掲載されています。trixbox Proユーザにはおなじみの画面が出てきます。(英語ですけど。)

asterisktutorials.comというサイトはないです。
http://www.asterisktutorials.com/
にありました。スミマセン。
trixbox Proの概要が分かります。(この画面をはじめてみたときには感動しました。今は毎日見ているので特に感慨深くはありません。)

trixbox Pro - Under The Hood from Kerry Garrison on Vimeo.



Managing Extensions, Phones, and Phone Numbers in trixbox Pro from Kerry Garrison on Vimeo.



Setting up a Grandstream GXP-2000 on trixbox Pro from Kerry Garrison on Vimeo.



要チェックサイトですね。
ラベル:Asterisk trixbox
posted by SDozono at 18:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | trixbox Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WebとCTI、VoIP技術の高みを目指して - 技術者の24時間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。